« 「どこまで細部になれるだろう」 | トップページ | ヤケド、しました… »

2009/06/27

マイケル・ジャクソン氏、死去…

マイケル・ジャクソン氏、死去。

今日(26日)、お昼のニュースを見てびっくりしました。
現地時間25日、享年50歳。若い…。

ひとつの時代が終わったなぁ…と感じました。
冥福をお祈りします。

マイケル・ジャクソンの音楽とダンスに魅入られたのは、確か中学生になってからでした。
流行っていたのは小学生の時だったんですが、その頃は洋楽も邦楽も全然見ても聴いてもいなかったので、全然知らなくて。
クラスメートが「ムーンウォーク!」と騒いでいるのを見ても、何のことかちんぷんかんぷん。
その後、洋楽を聴き始め、音楽番組(BEST HIT USA)で流れた「ショートフィルム」…衝撃的でした。特にダンスが(歌もうまいし魅力的に感じました)。
最初は「スリラー」だったかな。「バッド」との二本立てだった気がします。
多くのダンサーと違って、マイケル一人だけ、「重力がない」ような動きに見えて。
もちろん周りのダンサーもうまいんですが、マイケルは別格だなぁ、と感じ続けていました。
なんであんな動きができるのかなぁ、と。

私は大ファンではないけれど、見たり聴いたり(「見たり」の方が強いですが)すると、いいなぁ、と思います。

さて。
お昼のニュースで、湯川れい子さんの電話インタビュー(だったと思う)がありました。
彼女の口から語られる「マイケル・ジャクソン」は、
少年のような純粋さを持ち続け、
人前でしゃべったりするのはあまり好きではない─シャイな人─。
衝撃的なお話は、「自分はスパゲッティのようだ」とこぼした、というもの。
…これ、正確なところを忘れてしまったのですが、衝撃的なお話しでした。
自分の実像とは離れたようなものがずるずると引き出され、
それらがスパゲッティのように皿に乗せられ、世の中の人に供される…
そんな内容だったかな?すみません、だいぶゆがめられているかも…。
ともあれ、彼そのものとは違う「作り上げられたマイケル・ジャクソン」が独り歩きしてしまっていたことに、相当に心を痛めていたのだろうな、ということが感じられるお話しでした。

プライベートにずかずか入り込んだり、
あの人はこういう人だと決めつけたり、
面白半分の好奇の目で人を眺めたり、
というようなことに、怖さを感じます。
自分もそういうところを持っていますが…怖いな。
何かと考えさせられてしまうところがありました。

でも、何より、ひとつの時代を築き上げた一人の素晴らしいミュージシャンが亡くなったことを悲しみ、
改めて、そのご冥福をお祈りいたします。
どうか、安らかに…。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 音楽ブログへ

« 「どこまで細部になれるだろう」 | トップページ | ヤケド、しました… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ヒコちゃん先日はマイミク申請ありがとね。
やっちゃんです^^;初カキコです。
マイコー氏の訃報は確かに衝撃的だったよね…。
あの若さで亡くなるなんて…。
私はあまり彼の音楽を聴いていなかったのですが
音楽業界にとどまらず色々な意味で世界中にその名を轟かせた逸材だよね。

どうか安らかにお眠り下さい。

りぬさん、こちらにもご訪問&コメントありがとう!!レス遅れてごめんなさい。
せっかくマイミクなったのに、あっちのほう放置状態でごめんなさい~~~。そ、そのうち…!

マイコー氏(←本来の読みっぽいね!)…ほんと、よく知らなくても名前はみんな知っている。
昨日、マイコー氏の曲の中で一番好きな曲である「Heal the world」を聴いてみました。やさしい曲で、やさしい声で歌ってて、いいなぁ~と思いました~(*^^*)
よかったら聴いてみてくださいな♪

Heal the world 聴きました~!!
懐かしい曲ですね~。
そういえば私何回もこの歌聴いてました。

本当に良い曲で涙出そうです。

教えてくれてありがとうね~!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ジャクソン氏、死去…:

« 「どこまで細部になれるだろう」 | トップページ | ヤケド、しました… »

ショッピング

無料ブログはココログ