« おめでとうフィジコ! | トップページ | 再開しようかな »

2009/09/12

灰色の世界を表現してみたい

どこを向いてもマイナスの世界。
そんな気がしている。今。

8月末に北海道から帰ってきて以来、ウツっ気が強く出ていて困っている。
春からエネルギーを使い続けて、使い過ぎてしまったのか。エネルギーが枯渇してしまったのか。

… … …

「どこを向いてもマイナスだ」と、数日前に突然思った。
なんだかとてもそんな気がしてしまった。
理屈じゃなくて、その言葉が天から降ってきたかのように、そんな言葉が自分の中に生まれた。そして、ああ、そうだ、と妙に納得してしまった。
どういうことか?と考えたけれど、よくわからない。

ウツっ気が強いな、と思う時にはほとんどいつでも、
想いが・感情が・考えが、言葉に・文章にならない。「表現」にならない。
想いが・感情が・考えが、言葉に・文章に・表現になる前に、泡となってはじけてしまう。
もやもやとした何かが、胸の中に渦巻いているのに。
これは何だろう?と頭で考える。言葉にしたいのに。
逃げていく。捕まえられない。
「かたち」になる前に、消えてしまう。

そんなときに何とかして表したことばは、不十分だ。
表したいことを、伝えたいことを、表現できていない。
そうじゃない。足りない。違う。
違うことは判るのに、到達できない。当てはまる表現が見つからない。

… … …

「辛ささえ、楽しみたい。」以前そう思ったことがある。
今のようなとき、今の状態を何とかして言葉にして表現すると、
話を聞いている母はよく言う、「すごく面白い」。
そのとらえ方も面白いと思うし、自分でも同じように思う。
「健康」なときには思いもよらない思考を・感じ方をしている自分の、そんな感覚・思考が、面白いと思う。
今でも、「楽しむ」ことは、ある程度できていると思う。
でも、だからといって、救いにならない。どう過ごしていいかわからない。
何かをしても、虚しさが大きい。

だから、「もともと楽しさを感じない・得るものがほとんどない」ようなことに逃げたい。受動的なことに。単純作業に。
睡眠やネットサーフィンは、そういう事柄。私にとって。
楽な事柄。
…「楽」と書いたけれど、この表現にも違和感を感じる:
「楽=らく」って、本来は「楽」しくて苦労のないようなこと、なのかな?(辞書を見ると、「身も心も安らか」とか「簡単でやさしいこと、苦労しないこと」などと書いてある。)
「楽」なんかじゃない。でも「らく」としか表現が見つからない。そうだな、「他のことよりも辛くない」=「楽」ってところかな。
でも、高熱を出したりしたときに氷枕当てたりして、「ああ、らくになった!」って言うのとは、感覚が似ている。だから、表現としては「らく」で合っているといえば合っているんだろう。
ともあれ、睡眠やネットサーフィンのような事柄は、「らく」なことです。それらをすることは、何かをすることによって「返ってくるもの」何も期待していない分、自分が何も感じなくても・反応しなくても、辛くないから。そんな感じ。

… … …

そんなこんなで、
妙に虚しい・やることなすことがつまらない、という今の自分に困っているんだけど、
まぁそのうち…と、深く考えないことにして、
今の状態をも少しでも「楽しむ」ことができたらいいなと思いながら、
時間を過ごしているところです。

… … …

しかし、「認知療法」的な物の考え方って、
全然こころを「らく」にしないなぁ、
と思っているところ。
私がちゃんと認知療法を理解していないからなのかもしれないけれど、
「いろんな物の見方・考え方・とらえ方」をしたからといって、
悲しい・嬉しい・楽しいなどの「感情」をコントロールできるわけじゃない。
考え方は(考え方の側面によって)その姿を変えることができると思うけれど、
感情はどこから眺めたって姿が変わらないもの…自分の中で絶対的なものなように思う。
感情は、理屈じゃないんだよなぁ…と思ってしまうのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

« おめでとうフィジコ! | トップページ | 再開しようかな »

欝(うつ)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

確かに、らく、って何だろうね。

たとえば勉強でも仕事でも、怒られることがすごい嫌で、良い子でいたいからすごく勉強とか仕事とかしたりして。

これって「忙しい」けど、瞬間は「苦ではない」。
当の本人からすれば楽なのかもしれない。私の場合はたぶん楽。

と考えていくと、楽、というのは苦しくないこと、苦しいと思える将来を回避することなのかな。自分にとっては。

そこで余計なエネルギーを使ってしまうので、最後に「苦しむ」ことになってしまうのだけれど、最後にごろすけさんも言うように、そのキャラクターあっての自分のアイデンティティだから、"うまく"つきあっていくしかない。

認知療法も、"やりすごす"ための手段であって、生まれ変われるわけではないんだから、変われない、変わらないのは普通なことだと思います。

お世話になります、緑のgooスタッフ石澤と申します。

日頃より「緑のgoo」をご利用いただき、まことにありがとうございます。
ブログパーツを貼っていただいてるのを拝見し、コメントさせていただきました。


感謝の気持ちを込めてグリーティングカードを用意しましたので、
ぜひご覧いただければ幸いです。

http://clover.green.goo.ne.jp/track/kg839amuY2JJu6Hi2rOV


また、先日新たなブログパーツをリリースしました。

時計機能がついたかわいいパーツですので、
もしご興味いただけましたら、こちらもご利用いただければ幸いです^^


引き続き「緑のgoo」をよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灰色の世界を表現してみたい:

« おめでとうフィジコ! | トップページ | 再開しようかな »

ショッピング

無料ブログはココログ