自然・環境・生物

2009/06/15

カメ卵、ヘビに食われる

12日に庭に産み落とされたカメの卵でしたが、
翌13日、ヘビに食われてしまいました…(;_;)

↓ヘビ、卵を食うの写真。
P6133346
がっぱりくわえております。

ヘビは苦手な方も多いかと思い、小さい画像にしました。
  クリックしたら大きくなります。

この後、間近に寄って撮影したんですが、
堂々たるものと言うか、
逃げもせんとカメ穴(?)に夢中なヘビでした。

そんな中、落ちてた草を踏んでしまったんです。
その草はヘビのもとまで伸びていて、
ヘビの体をさわさわっ、としちゃったんですね。
そしたら、さすがに首をもたげて、こちらをにらみつけてきました。
P6133375
眼のきれいなこと!!

ただただ見ていたら、また気にしなくなりました。
P6133407_2
…ちょっとひどくないですか?この体勢。

P6133419
食後の様子。
悲しい。
しかしこんな穴を、手も足もないヘビがよくぞ掘れるもんですね!
感服。

この子、シマヘビかなぁ、と思うんですが、ヘビも識別・同定、さっぱり自信ありません。

  

☆口直し☆
この後、カワセミが池に来ました

P6133422_2

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 環境ブログへ

2009/06/13

庭で産むカメ

カメが、我が家の庭で産卵しました!

P6123211

(※写真はどれも、クリックすると別ウィンドウ(or別タブ)で拡大表示されます)

朝8時半。
ぐーぐー寝ていたら、母にたたき起こされました。
「カメが産卵してるよ!」と。

飛び起きて、パジャマのままで双眼鏡と望遠鏡とカメラで観察開始。
家の玄関から…10m程度でしょうか、すぐ近くで、だったんですよ。
最近はしょっちゅう、産卵しに来ているらしくって。
でも産卵には至らず、穴だけ掘って池に帰って行っていたらしいんですが。

今日はようやく、産卵できたようです

※この子は野生のカメです(たぶん)。家の前の池に棲んでいます。

せっせ、せっせと穴を掘って…
P6123227

産んで…
 (写真省略)

穴埋めて…
P6123241
 足でふみふみしてました。

すたこらさっさと帰るのだ
P6123246 

ところが!
P6123252
 こ、困った。
 池はこの竹の向こう側にあるのです。
 しばらく逡巡するお母さん。
 竹の下を掘ってみたり(でも砂利道で硬いらしくなかなか通れない)。
 次は迂回する作戦に出ました。

よっこらせ…
P6123263
 おおっ!
 ちゃんと乗り越えて、池(この草のすぐ向こう)に帰って行きました。

一件落着。

産卵していた場所に行ってみると…
P6123270
しっかり埋め戻されていました。
わざわざ埋めていったということは、本当に産卵したんだってことでしょう、きっと。
…掘りたい衝動に駆られます
(掘ってませんよ。…まだ。)

  

おまけ話。
聞いた話によると、カメって、
産卵前に邪魔が入ると産卵をやめて(産卵せずに)帰って行っちゃうそうですね。
一度産卵を始めてしまえば、近付いたり写真を撮ったりしても大丈夫だそうです。
といってもこれはアカウミガメの話なので、他のカメもそうかどうかはさっぱり知らないんですけどね。
不用意に「大丈夫だろ」って近づいて放棄しちゃったら申し訳ないので、まぁ近づかない方が無難でしょう。うん。

ちなみに、これまで我が家で産もうとしたカメたちは、
気づいたらそこにいた!
→産まずに(穴掘り途中で)やめちゃった、
というパターンだったそうで(家族から聞いた話)
なら、アカウミガメと同じなのかなと思うのです。

そんなわけで、今日のように、産卵が終わるまで邪魔しないようにしていられたことはないのでした(少なくとも気づいた範囲内では)

今日はねー、
うちの者だけでなく、
郵便や荷物が来たり、といったような「邪魔」も入らないように、家族で工夫したですよ。

↓母が立ち入り禁止措置をしているところ(「カメが産卵していますので~」という紙で簡易看板(?)を出してくれた)
右手前にカメさんいます、わかるかな?
P6123235_2
玄関から出ると「邪魔」してしまうので、勝手口から畑経由でぐるりと回って。
(お母さん(←カメのお母さんではない)ありがとう!)
幸い、産卵中に来客はゼロでした。よかったよかった。

と、今日はとぉっても貴重なもんを見た日でした
早起きするといいことあるね!?

  

ところでこの子は誰だったんでしょう?
ニホンイシガメでいいのかなぁ?
甲羅の後ろ端がギザギザ、っていう特徴が一致するんだけど…
カメの識別・同定はさっぱりです

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 環境ブログへ

2009/06/10

梅雨入り☂

とうとう梅雨入りしましたね

気象庁のHPを見てみると…

~6月9日ごろ~
九州・四国・中国・近畿・東海

~6月10日ごろ~
関東甲信・北陸・東北(南部)

一気に来たなぁって感じです。
(ちなみに沖縄と奄美では5月18日ごろだったそうです。)
軒並み平年より遅い…と思いきや、北陸と東北南部では平年と同じとか。ふむふむ。

ともあれ、乾ききった我が家の畑や植物たちにとっては朗報です!

  

昔は梅雨がいやだったけど、
年とともにだんだん好きになっています。
今では雨を心底ありがたいと思うようになりました。
だって、母がせっせとまいた種、一緒に植えた苗が、
渇きと暑さで芽が出なかったり(種)、
しおしお、へなへなとなっていたり。
ううっ、忍びない

それに、我が家の前の池(ため池。水は水田用に使われているらしい)も、日に日に水量が減っていて。

そんなのを毎日見ていると、「恵みの雨」という感覚がよくわかります…。

これまで、「種をまいたのに全然芽が出ない」状態が続いていたそうなのに、
ここのところの雨のおかげか、
次々にかわいい芽が出ているそうです。
…伝聞なのは、母から聞いた話なので…

四国など、あちこちで渇水が深刻だそうですね。
うちの近所でも今年はかなりひどい状態らしく(←らしく、というのは、我が家は去年引っ越してきたのでよくわかりらないのです)
田んぼを諦めなければならないかも、という状態に陥っていたらしいです。
しっかり降って、水不足を解消してほしいですね。
でも、豪雨にはなりませんように!

  

でもでも。
こんなに乾いているのに、
木々や、そのへんに生えている“雑草”は、元気なんですよねぇ。
すごいよなぁ。

にほんブログ村 環境ブログへ

☆昨晩、洗面所にアシダカグモヤモリが出ました!

P6103576
↑窓ガラスの向こう側にヤモリちゃん。

P6103574 こんな。
最近我が家では、
この子と、
もっと尾の短い子と、
ちょっと小型の子との3匹が出ています。

ヤモリ、子供のころから好きです
つかまえて飼ってたこともあったな~。
正面顔がかわいい!
特に眼が綺麗で、ほれぼれします。
爬虫類の眼って、きれいなんですよねぇ

アシダカグモってやつは、10cmくらい(足まで入れて)の、でっかいクモです。
ハエとかを食べてくれる「益虫」!
今ネットを調べてみたら、帰化種で、ゴキ○リを食うらしい(そのために導入されたという説もある)
ぎゃー!と言わず、あたたかい目で見守ってやってください。
…はっ!アシダカのおかげで今の家にはゴキが出ないのか!

2009/05/26

再び・カワセミ現る!

P5262941_

出ました、カワセミちゃん!
ん?違うか、カワセミ「くん」ですね(くちばしが真っ黒なので、オスでしょう)。

お昼ごはん…というかブランチ(風邪引いたのかしんどくて、ちょっと遅起きしました)していたら、
池の水面をすーーーっと飛びゆく鳥の姿!
せわしなく羽ばたいていたので、ツバメではない。
ひょっとして!?と思って、双眼鏡とカメラを持って池の端に移動して探したら…
いたんですよ~
相変わらず可愛い!

今日は、お日さまの光をうまく浴びてくれていたらしく、
背中のきらきらな青色がとてもきれいだったんです

P5262932__
↑羽づくろい中。

さらには、とまり場所から「ぽっちゃん」とダイビング!
それも、何度も!
…写真は撮れなかったですが。

でも、写真撮ろうとすると、「自分の目でしっかり見ること」がおろそかになる気がするので、
今日のところはこれで良かったような気もします。
もちろん、いずれはダイビング写真を撮ってみたいけどね~←野望

飛び去っていく時には、「ピー」とも「ツィー」ともつかない、細い声を聞くこともできました。
カワセミの鳴き声聞いたのは初めて!(たぶん)

鳴き声を聞いてみたい方は…

↑こちらにリンク集がありましたよ♪
…ちょっと探すの面倒かも?直接行きますか?↓
HOME > LINK  > 鳴き声が聴けるページ > カワセミ科
ちなみに、↑のホームページ、学生時代から覗いては感激しています。
情報量、ものすごい!

にほんブログ村 環境ブログへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2009/05/22

今日は「国際生物多様性の日」

本日5月22日は、「国際生物多様性の日」、だそうです。
(詳しくは国際連合広報センターホームページへ。…リンク張っていいかわからないので名称だけ載せておきますね(^_^;)

上記ホームページで、「国際生物多様性の日」についてのプレスリリースを読んでみました。
今年の「国際生物多様性の日」の焦点は、侵入外来種の拡散だそうです。

外来種
ずいぶん前から、問題になってますよね。

いちばん“外来種として”よく知られているもの、と言ったら、
ブルーギル、ブラックバス(オオクチバス)あたりでしょうか。

※外来種(移入種)の定義は、EICネットによると(一部引用:詳しくはこちら)、

外来種(移入種)が自然繁殖して個体群を維持できる状態になったもので、生物多様性を変化、脅かす可能性のある種。帰化種とも呼ばれ、自己の分布能力で自然に生活域を広げたものは含まない。

外来種、他にもいーーーっぱいいますよね。
日本での有名なものでは、
セイヨウタンポポ。
セイタカアワダチソウ。
セイヨウオオマルハナバチ。
ウシガエル。
マングース。
…といったあたりでしょうか。
近年の北海道では、ウチダザリガニが有名ですよね。


国の法律では、「外来生物法」で「特定外来生物」についてさまざまな規制がかけられています。

特定外来生物っていうのは、
上記に挙げたもののうちセイヨウタンポポとセイタカアワダチソウ以外のものや、
アライグマ、カミツキガメ、などなど。
特定外来生物一覧はこちら(環境省のページです)。
…一体、何種指定されているんでしょうか。
これ、増えはしても、減りはしないんでしょうね…。

で、どんな規制がかけられているかというと、
環境省の外来生物法についてのページより一部引用すると、

問題を引き起こす海外起源の外来生物を特定外来生物として指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入といった取扱いを規制し、特定外来生物の防除等を行うこととしています。

「飼育、栽培、保管、運搬、輸入といった取り扱いを規制」です。
気をつけましょう
アライグマ、かわいい!といって、飼っちゃダメですよ~。
カミツキガメ、でっかくなっちゃった!といって、その辺の池に捨てたりなんて絶対ダメですよ~!!

    

さて。
マングースは沖縄で、固有の地上性の動物(ヤンバルクイナなど)を捕食するので大問題になっていますね。

ところで、「外来種」とは言われなくとも同様に問題になっているものに、ネコがいます。
沖縄では、ヤンバルクイナなどを捕食している可能性があります。
私が以前住んでいたところでも、野鳥を捕食していたようでした(←表現があいまいなのは、生きている鳥を捕って食うその瞬間は確認していないからです)
もともと「そこ」に住んでいなかったネコが、
人間のペット(というより、もともとはネズミ対策としてのパートナー的な存在だったのでしょうね)として持ち込まれ、
放任されたり捨てられたりしたあげく、野生化or半野生化し、
その土地の本来の生態系に深刻な悪影響を及ぼすほどになってしまう。
…これって、人間の罪ですよね。
ネコは自分の生をまっとうしているだけで、「悪いこと」しているわけじゃぁない。
人は、ネコを飼う場合、その生涯に責任を持たないといけない。
もちろんネコでなくても同じことです。

翻って、「外来種」も、「役に立つから」などの理由=人間の勝手で連れ込まれたあげく(荷物とかにまぎれて入ってきちゃったものも多数いますが)、
本来の生命力を発揮して勝手に「のさばり」だしたら、「悪役」に変えて、叩きまくる。
お互いにとって、悲しいことですよね。

    

最後にちょっと軽い話を。

我が家の周辺では、最近、毎日毎日、
ウシガエルがぶぉー、ぶぉー、と鳴いています。
…個体差なのか、いろんなタイプの鳴き声が聞こえます。
低い声で、ぶぉー……ぶぉー……。
しわがれ気味に、ぶっぶっぶっぶぉー、ぶっぶっぶっぶぉー。
軽快に、ぼっぼー。
(↑はどれも、こう聞こえた!という表記です。フィクション(?)ではありません。)
最初は「うぁー、ウシガエルがいるよ…」とげんなりしていましたが、この声の違いに気づいてからはちょっと楽しくなりました。
楽しくなってどうする、って感じですが。

    

最後と書いておきながら、
ちょっくら、最初に戻りまして
(国際連合広報センターの)プレスリリースを読んで知ったのですが、
来年2010年は「国際生物多様性年」。
生物多様性を守るための、いろいろな会議が予定されているそうです。


私たちも、日ごろからちょっと「生物多様性」、意識してみませんか?

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 環境ブログへ

本日のネタは、Yahoo!ボランティア内のクリック募金の三択クイズからいただきました。
この三択クイズ、毎回いろんな新しいことを知ることができるので、楽しみなんです。
1日1回、クイズに答えて、クリック募金♪
(クイズの正解不正解にかかわらず、クリック募金できます。)

…ああっ、早く寝るはずがひどい時間にー こんな夜更かしは久々だ…。

2009/05/19

カワセミ現る!

P5182697_kingfisher_2

今日(18日のこと)はすっごくいいお天気でした。
縁側に座って、池を眺めながら朝食をとっていたら。
青緑色のものが、一直線に池に向かって飛んでいくのが見えて!
ひょっとして…カワセミ!?と、双眼鏡とカメラをひっつかんで探しに行きました(朝食中断)

そしたら。
いましたねー!
上の写真、中央です。
かわいかったです。さすがは「渓流の宝石」。

…たくさん撮ったんですが、ピントがいまいちだったり、明るすぎたせいか色合いがよくなかったりで、満足いく写真が無い
残念無念、です。せっかくのカワセミさんだったのに。
それに、ちょっと遠かったので、私の超望遠レンズではちょっと無理がありました。
(ちょっと周囲を削ってのトリミング結果が写真↑です。)

今日はその後、カウンセリング(いつものクリニックで。そこでは初のカウンセリングでした)を受けに行ってしまったので、短時間しか観察できませんでした。
これまた、残念。せっかくのカワセミさんだったのに!!

でも、また来てくれるよね。
そしたら、また見つけるからね。

  

カウンセリングから帰り、昼食後、また池を眺めていました。
この池にはトンボがたくさん。
いろんな種類が飛んでいます。
でも、なかなか写真に収められません
速いんだよなぁ。

P5182668_
クロイトトンボ
アメンボがちょっかい出してました

P5182785_
ギンヤンマのペア。

池のトンボたちの多くは、せっせせっせと産卵していました。

「トンボの産卵」のイメージって、私の中では、
“水面を飛びながら、メスがおしりをちょっ、ちょっ、と水面につけていく”
だったんですが、こうして見ていたら、そういう産卵をしているのはほとんどいない。
↑こうして、どこかにとまって、じっくり産卵をしていました。
私は育ちが東京(都心部)で、その頃見ていた「トンボの産卵」の場所って、学校のプールだったんですね。
つまり、とまる場所がないわけです。
イレギュラー(?)な産卵方法なんでしょうか、飛びながらの産卵って?

昆虫の同定に関しては、
またもやSpecial Thanks to:


※昆虫に関しては、「たぶんこれ」という程度の同定です。
間違っている可能性もありますので、ご了承くださいね

  

さらに池を眺めていたら…

P5182772_
たくさんの、 稚魚(仔稚魚というべきですか?)たちが!!
少なくとも、200匹以上はいたと思います。
この子たちは何でしょう?コイかフナかな?
(おとなりのおじさんから、コイとフナがいる、と教わりました♪)

にほんブログ村 環境ブログへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2009/05/13

昆虫な日

今朝、起きて縁側に出てみたら。

窓ガラスに、ハチが貼りついていました。

P5132482_

この姿かたちはスズメバチ系!?刺されたらやばい!と思ってどっきりしましたが、
そっと物の上に乗り移ってもらって外に出て行っていただきました。一件落着。

P5132502_ 後ろ姿。

…さっき調べてみたら、「オオフタオビドロバチ」らしいです。
危険じゃなさそうで、一安心。
ところで、この名前は何だ、どういう名前だ?と、私引っかかったんですが、
スズメバチ科ドロバチ亜科だそうなので、
 オオ(大)+フタオビ(二帯)+ドロバチ(泥蜂)
ってことなんでしょうね、たぶん(推測です)
2枚目の写真で、黒い腹に二本の黄色い帯が…ち、ちらっと、見えますよね(苦しい)
ドロバチってのは、泥の巣を作るんだそうですよ。だから「泥」蜂、なんでしょうねー(これも確証なし)

  

そのあと、洗面所の窓を開けたら、「ブーン…」という低いうなり声、じゃない、羽音がしました。
「この音は間違いなくスズメバチ系!」と思い、カメラを持って外へ<無謀?
少し家の周りを歩いたら、再び「ブーン」。
いましたいました!

P5132503_

飛び回っていたので(それと怖かったので)去る姿を…。
キイロスズメバチ」と思われます。
一度こっちにやってきてまとわりつかれて、ちょっと怖かったです。

でっかかったので、「オオスズメバチ」かなー?と思ったのですが、
写真を見比べてみるとずいぶん黄色い。なんか違う。
…残念(?)。

ちなみにサイズですが、
オオスズメバチは27-44mm。
キイロスズメバチは17-28mm。
オオスズメバチ、でっか!

  

さらに家の周りをうろうろしたら。
チョウがひらひら♪

P5132511_

ヒメウラナミジャノメ」と思われます。

…と、たくさん収穫、な日でした♪
(ちなみに撮影場所(=我が家の在り処)は広島県です。)

  

Special thanks to:

↑わくわくどきどきと嬉しくなっちゃう素晴らしいサイト様です!
つい先日見つけて、なんて素敵なサイト!と、大喜びしています(*^^*)
特に、「虫マトリックス」の便利なことといったら…!
「この虫、何だろう?何の仲間なのかもわからないよ~」というときは虫マトリックスにGO!です

  

にほんブログ村 環境ブログへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2009/04/23

春うらうら

フクロウ効果ですっかり興奮し。

夜明け前 月と星がとってもきれいで。

夜明け 朝焼けも風情があって。

あたたかな春のひざしがさんさんと降り注いで、あんまりに気持ち良かったものだから。

ついつい、また徹夜してしまいました☆

  

明け方、ここは実ににぎやかです。
夜から鳴き続けているカエルの声。
暗いうちから鳴き始めた小鳥の声。
ほんとに寝るのがもったいなくって。

ホオジロ 朝のひざしの中、ホオジロが鳴いていました。

中央にコゲラ 「ギィー」とコゲラの声。探したら、いました。わかるかな?

調子に乗っていろいろ写真とりました♪
UPしたいけど、これで上限のようなのでここまで~。
…写真多いと見る方も大変かしら…

お昼食べて昼寝します~。
…フクロウのような生活だ(?)

ブログランキング・にほんブログ村へ

おっと、追記。
今朝(?)聴こえたフクロウの声。
「フクロウ」(Ural owl、Strix uralensis)の声でした!
「ごろすけ奉公」ってやつね。
いちばん、聴きたかった声。
引っ越してきて良かった…!

さらに追記。
大きめの写真UPしたつもりが、制限にひっかかっちゃったのか、クリックしても小さいままですね…。
後ほど何らかの形で大きいのに差し替えようと思います
コゲラなんてこれじゃわけわからん

最後の(?)追記。
4/27、写真差し替えました。クリックで写真が大きくなります。
ご覧頂けると嬉しいです。

2009/01/03

アコガレの一眼デジカメ…!

というわけで(何が「というわけ」なのかは前の記事参照。)。

注文しちゃいましたー!デジタル一眼
↓これですっ。


OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-520 超望遠600mmキット」。
「超望遠」ですよ!?いいんじゃない!?と、前から目をつけていました。
野鳥撮るには、普通の望遠では厳しいものがあるのでね。

それに、オリンパスはなんとなく好きなメーカー。写真の色がきれいだなぁと感じることが多いので。(それ以外はよくわからないのですが。)
でも一眼デジカメ買いたいなーと真剣に思い始めた頃には(何年も前)、ここの一眼にはまだ手ブレ防止機能がついてなかったり、その後ついてもちょっとお値段が…だったりして、手が出せずにいたんです。
それがここ数年で手ブレ内蔵になって、お値段もお手頃になってきて、誘惑がすごく強くなってきていたのでした。

でも私はカメラには全然詳しくないので、ほんとにこれでいいのかどうか、判断がつかなくって迷ってたんですが。
先日大阪に行った時、カメラ専門店が道端にあったので、ふらっと入って、相談してみたんですよ。
そしたら。
私の使い方や目的に合ってますよ、というお墨付き(?)をいただけました

・野鳥を撮るにも適している(望遠がしっかりきく、手ブレ対策OK。手持ちでも野鳥撮影大丈夫でしょう、とのことでした♪)。
・ちゃんとした写真が撮れる。
・これだけ望遠がきいて手ブレ防止がついているものの中で、最軽量。
…ってな感じでした。
↑最後のが重要でして。
双眼鏡とカメラとを持って動きまわることを考えると、少しでも軽いことが望ましいのです。
あんまり重いと体力が自信ない。
店員さんによると、「女性に人気のコンパクトさと軽さ」とのことだったので、うん、これは私にとって実用的なカメラになりそうだぞ、と思えました。
なので、よーし、買うぞ!!と気持ちが固まっちゃったんですねー。

1月は私の誕生月でもあるので、家族に、誕生日プレゼント(我が家では、家族でお互いに贈り合っています)にカメラ代金の補助を頼みました。
すんなり快諾が得られました♪

調べてみたら、お目当てのカメラ、ビッ○カメラでけっこう安い(今売値だけ見たらAmazonの方が安かったのでびっくりしてますが…)。
そのうえ、10%ポイント還元でさらに安くなる!
さらに、ポイントサイト↓で現在お正月キャンペーン対象サイトになってて。
ポイントサイト「ポイントインカム」
今だけ、100円購入ごとに17ポイント(10ポイントが1円相当なので、1.7%還元)!
1/5夕方までのキャンペーンだったので、旅に出る前に注文しなきゃ、と焦って注文したのでしたぁ

うまくいけば、旅行から帰ってきたら受け取れるかな。
楽しみです♪


…おっと、もうこんな時間!
今日は早寝のつもりだったのに…しまった…。
旅支度が終わったのでちょっとだけ書こうと思ったら、この始末です
行動は、計画的に。…今年の目標にしようかしら。

ではおやすみなさいませ~。

ポチっと応援、お願いします!m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2008/04/14

gremz報告、ついでにカバのおはなし。

080414ブログパーツ「gremz」の苗がまた生長していました
ちなみに前回の生長は3/27でした。
…夜バージョンばっかりだなぁ。

あんまりエコ関連のキーワードを出してないせいか、楽しい変化が見られません
そろそろ気合い入れて、もっと地球環境を考えた記事を書いていくかな~。

お、そういえば。
今日のNHKの「ダーウィンが来た!」はご覧になりましたか?
今日はカバの「新伝説」(by NHK)でした。
舞台はタンザニア。

乾季、川の水が干上がり、わずかに残った水場にたっくさんのカバが集まってくる…。
満員電車の如く、ひしめき合う、集まったカバたち。
いちばん多いところでは、1200頭!

カバがなぜいつも水の中にいなければいけないのか?といったら、
皮膚が薄く、乾燥にひどく弱いため、灼熱の太陽の下で長時間過ごすことができないそうなのです(乾燥すると皮膚がひび割れてしまうのだとか)。
カバたちにとって、生きるためには、「体を浸す水」がとても重要なんですね。

…見ていて、ふと思いました。
「昔から、こうだったの?」と。

勘は当たっていました。
続いて語られた話は、こう。

乾季に川の水が枯れるというのは、ここ十年くらいの話だそうなのです。
川の上流で、水田が作られたのです。
水田を作るために、木が切られ、水を蓄えておく力を大きく失った大地。
かつては乾季にも水をたたえていた川から、水が失われ…。


ここにも、人間活動による影響が表れていました。
ヒトによる環境改変が、与えた影響。

たとえば植林をすれば、戻ってくるでしょうか、元の環境が?
…「元通り」には、ならないでしょうね。
同じ木を植えたとしても、
一見元通りになったように見えるような対策をとったとしても、
おそらく、「元通り」には、ならないでしょうね。
でも、人間によって損なわれた環境は、人間が責任もって「修繕」していかなければならない、と強く思う。元通りでなくても、「何か」しなければ!それがわれわれ人間の義務だと思う。


私たち人間も、生きていくことは、大切なこと。
そして、人間に限らず、生きていれば、たくさんの犠牲が生じるのは必然。犠牲なしの「生」はありえないと思う。
でも、「過剰な犠牲」は、必要ない。

タンザニアの、現地の人たちは、(全然知らないけれど)食糧不足で多くの水田が必要なのかもしれない。生きるためにやむを得ない活動をしているのかもしれない。
でもたとえば日本では、ものすごく大量の食糧が廃棄されているという。
工夫次第で、生きていくための「過剰な犠牲」は、減らすことができるはずだ。
国境を越え、人種を超え、民族を超え、
地球単位でものごとが動く時代にならないものか。



…私も、こうして夜中起きていることで、余計な電気を使ったり、いっぱい無駄をしている。
自分自身、見直さなきゃいけない無駄遣いがある。

少しずつでも、「無駄遣い」を減らしていく努力をしていきたい。
それが、積もり積もって、大きな変化となるのだから。

より以前の記事一覧

ショッピング

無料ブログはココログ